私の株式投資をする際の視点

私は90年代後半のITバブルの時に株式投資を始めて、開始して大儲けをしたことがあります。当時は、情報が少なかったのでちょっとした情報を人より早く見つけることにより、ある程度の相場感が分かり相場も上下に動きました。ただし、いまは株式投資をやっいぇいる国内投資家は経済状況が悪いので、あまり動いておらず、外国人投資家が主に投資マネーを動かしているようだ。
それゆえに、ネットや証券会社のもっている情報ぐらいでは、あまり情報にスピードはなく、本当に強い企業を探すのは難しいのではと思います。

個人的な意見としては、常日頃、会社の財務状況や経営状況を分析するなどの会社研究をすべきであると思います。私の場合は、身近な企業、得意な分野の企業など自分に手に入りやすい企業の情報を分析し、投資するようにしました。最終的には、勘の要素もあるので、あまり細かい数字にはこだわらず。応援したい企業に投資をすべきだと思います。