株式投資で配当を貰うこと

株式投資は買った値段よりも上がれば利益確定することができますが、株を手放さずに配当を貰い続けることも可能です。銀行の金利も低いので株式の配当はかなりお得にも思えます。インターネットが普及し手数料体系も安くなったことから、デイトレードなどが主流となりつつありますが、勝ったり負けたりと一喜一憂することも多くあります。

株を買うということは株主になるということであり、株式の基本は長期保有で配当をもらい続けるほうが理にかなっている行動だと思います。倒産や上場廃止をしないことが前提となりますが、結局損切しなければ元の価格に戻ってくることは多いので、配当を貰っていれば収支はプラスになることは多いのです。仕手株などはアドレナリンが出て嵌ってしまいがちですが、大儲けできる一方で大損する確率も高まります。アベノミクス相場では手堅くいくべきではないでしょうか。

株主優待券を目的に株式投資

株主優待券と言うものが、金券ショップなどでよく見かけます。自分で調べてみたところ、持ち株数に応じて、株主優待券を発行しますという株がありました。

リスクはありますが、変動の少ない株を持ち、毎年配布される株主優待券を取得し、お得に、商品を購入したり、電車や飛行機を安く乗車したりする分に使うには良いと思いました。変動が少ない株式に投資するのは、株は自分の財産として保有できますし、株主優待券は、その特典だと思って投資することに興味があり、株式投資を考えています。

株は長い目で見ないと、多少の変動で、すぐに売買をしてしまうと、資産がなくなってしまいますが、あまりに大きな変動が起こるようならば、売却するしかないと思っています。購入する株式に関しては、インターネットや新聞などで長期的に変動を確認して、自分にとってリスクの少ないものに投資して行きたいと思います。